top_photo

 

大気物理学研究室(渡来研究室)のホームページへようこそ。

 
2021年度で研究室設立から12年目を迎えました。地元熊谷や北関東などの局地的な気象・気候、地球規模の大気循環に関する長期変化や気候変動を中心に、気象学・気候学に関する様々な現象を研究テーマにしています。

セミナー  修論・卒論テーマ  教員担当科目

アクセス

〒360-0194 埼玉県熊谷市万吉1700
立正大学地球環境科学部環境システム学科大気物理学研究室
熊谷キャンパス3号館3407室

  • 熊谷駅(JR高崎線、新幹線、秩父鉄道)南口より国際十王バス立正大学行、立正大学下車
  • 森林公園駅(東武東上線)北口より国際十王バス立正大学行または熊谷駅行、立正大学下車

交通アクセス(立正大学HP)  キャンパスマップ(立正大学HP)
 

お知らせ


2017年1月26日

 今年度の環境気象学分野卒業論文発表会を、以下の日時・場所にて開催します。 聴講自由です。環境気象学分野に興味のある1年生、OB・OGの参加も歓迎します。

 なお、来年度より環境気象学分野のゼミ所属が仮決定した2年生は原則参加してください。

平成28年度立正大学地球環境科学部環境システム学科環境気象学分野卒業論文発表会

   2017年2月6日(月) 9時00分〜17時35分
   アカデミックキューブ2階 203教室

タイトル(発表順)

  • 立正大学熊谷キャンパスにおける放射収支・熱収支の日変化及び年変化
  • ドップラーライダと数値予報モデルによる立正大学・熊谷キャンパス周辺の環境場調査
  • 山地斜面気候とみかん栽培について
  • 夏期の長野市周辺の数値計算とドップラーライダの観測の比較
  • 最近5年間における台風の発達・経路と海面水温との関係
  • 周辺環境が立正大学熊谷キャンパス気象観測露場の地上風に及ぼす影響
  • 長野市裾花川周辺における山風の数値シミュレーション
  • NICAMの理想化実験による熱帯低気圧の発生・発達過程の解析
  • 関東地方で春から夏期にかけて発生した局地的雷雨について
  • JRA-55、NICAMを用いた対流圏の気温減率
  • 気象庁非静力学モデルを用いた台風9119号の再現計算
  • 埼玉県北部における夏季の気温および不快指数と人工的地表面被覆率との関係
  • 夏季の関東地方における豪雨の統計解析
  • 福島県福島市と埼玉県熊谷市における夏季猛暑発生メカニズムの類似点と相違点
  • 気候地名分布と気候要素との関係
  • 熊谷市上空に現れる大気光学現象の日変化に関する観測的研究
  • 寒候期、赤城おろし吹走時の関東平野およびその周辺山岳域における気象場の特徴
  • 春季日本付近の南北気温傾度とAO、ENSO、ストームトラックとの関係
  • インターバルカメラを用いた夕焼けの観測とその定量化に関する研究
  • 熊谷市における定点型観測に基づく水蒸気量の水平分布と日変化の特徴 -2016年暖候期を対象として-
  • 最近の冬期10年間(2006/07〜2015/16)における南岸低気圧の発生数や移動経路、勢力の特徴
  • 近年の関東地方における寒候期の降水・降雪予報精度の検証


2016年12月14日

 環境気象学分野では、下記の通り特別講演会とキャリアパス懇談会を開催いたします。

 今回お招きするのは、安成哲三氏(総合地球環境学研究所長)と横山宏太郎氏(第35次南極越冬隊長)です。お二人とも、まさに「フィールドは全世界!」を体現してきた方々です。世界を相手に活躍されてきたお二方のお話は、exciting & motivating になること必至です。気象・気候学に興味のある方はもちろん、学部生から大学院生まで、幅広い参加をお待ちしています。

   2016年12月20(火)
   アカデミックキューブ1階

14:30〜
第22回環境気象学コロキウム
安成哲三氏「Future Earth: 持続可能な未来地球社会に向けて」
アカデミックキューブA101教室
16:10〜
2016年度第3回キャリアパス講演会・懇談会
(安成哲三氏、横山宏太郎氏を交えて)
アカデミックキューブ1Fネットカフェ
17:50〜
第23回環境気象学コロキウム
横山宏太郎氏「世界三大氷雪圏(南極、ヒマラヤ、北陸)を探る」
アカデミックキューブA101教室


2016年12月1日

12月7日(水)に、環境気象学分野3研究室合同でのセミナー説明会が開催されます。環境気象学分野のセミナー所属を希望する学生は、その希望順位に関わらず、必ず出席して下さい。

   2016年12月7日(水) 18時〜
   アカデミックキューブ414教室


2016年12月1日

大気物理学研究室のホームページがリニューアルされました。