分野紹介 *

立正大学熊谷キャンパスのある埼玉県熊谷市は、関東平野北西内陸域に位置しています。2007年8月16日には当時の日本国内の観測史上最高気温を更新する40.9℃を記録し、暑い街として一躍有名になりました。さらに2018年7月23日に日最高気温41.1℃を観測し、ふたたび国内最高気温を更新しました。熊谷は、日本のヒートアイランド研究の先駆けとして古くから観測的研究が実施されてきた街でもあります。このように、熊谷は環境気象学を学ぶには絶好のフィールドと言えるでしょう。

立正大学地球環境科学部環境システム学科環境気象学分野では、熊谷を中心とした関東平野北西域で夏季にしばしば発生する猛暑など局地気象のモニタリングやその解明、熊谷市街地ヒートアイランドの観測や形成メカニズムなどを中心に、気象観測から数値モデルによるシミュレーションまで幅広い手法を用いて研究を行っています。

新着情報 *

2019-6-21
【プレスリリース】平田助教が筆頭著者の「スーパー爆弾低気圧」の発達過程に関する研究論文がアメリカ地球物理学連合の学術誌に掲載されました。それに合わせて、プレスリリースを出しました(プレスリリース記事はこちら)。
2019-6-7
第39回環境気象学コロキウムの情報を掲載しました。立正大学OBで気象庁職員の金原健二氏に、気象学を活かしたキャリアパスや現在取り組んでいる北陸の大雪に関する研究について講演いただきます。日時は2019年7月17日(水)17:50 ~ 、場所はAC301 です。
2019-4-5
第38回環境気象学コロキウムの情報を掲載しました。4月から環境気象学分野に助教として着任した、平田先生による研究講演です。日時は2019年4月23日(火)17:50 ~ 、場所はAC414 です。

教員紹介 *

 
中川 清隆 教授 (理学博士)
>> 研究室ホームページ
研究室名熱収支気候学研究室
研究テーマ放射収支・熱収支、都市気候の観測とモデリング、GPS気象学
研究室熊谷キャンパス3号館 3409室
 
渡来 靖 教授 (博士(理学))
>> 研究室ホームページ
研究室名大気物理学研究室
研究テーマブロッキング現象の解析的研究、エネルギー解析による再解析データの品質評価、領域気象モデルを用いた熊谷猛暑シミュレーション
研究室熊谷キャンパス3号館 3407室
 
鈴木パーカー 明日香 講師 (Ph.D)
>> researchmap
研究室名大気環境モデリング研究室
研究テーマ領域気候シミュレーション、気象/気候と健康、熱帯低気圧の気候変動
研究室熊谷キャンパス3号館 3417室
 
平田 英隆 助教 (博士(理学))
>> researchmap
研究室名大気海洋相互作用研究室
研究テーマ黒潮が日本の天候へ与える影響、急発達する温帯低気圧(爆弾低気圧)
研究室熊谷キャンパス3号館 3315室

添付ファイル: file0515_検討会ポスター_weekly.jpg 307件 [詳細]