研究組織

 
HOME
はじめに:宝石珊瑚とは
宝石サンゴの生物学
宝石サンゴの利用の歴史
宝石サンゴの種類と漁業
日本における分布
宝石サンゴの化学:骨軸の微量成分と生息場所
バイオミネラリゼーション
宝石サンゴの成長速度:鉛-210による推定
宝石サンゴ骨軸の構造
骨軸の化学分析から生息水温を推定する
宝石サンゴの系統分類
アカサンゴの成熟時期
宝石サンゴを増やす試み
珊瑚網の影響
宝石サンゴを持続的に利用するために
研究の成果:書籍、論文など
研究組織
英語ボタン
農林水産省「新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業」
宝石サンゴの持続的利用のための資源管理技術の開発(課題番号22032)
岩崎 望 立正大学地球環境科学部 海洋生物学(平成22年度代表)
鈴木知彦 高知大学理学部 分子生物学(平成23-24年度代表)
奥田一雄 高知大学大学院黒潮圏総合科学専攻 細胞生物学
大西浩平 高知大学総合研究センター遺伝子実験施設 微生物学
中西三紀 高知大学人文学部 経済学
長谷川 浩 金沢大学理工研究領域物質化学系 分析化学
山田正俊 弘前大学被ばく医療総合研究所 同位体海洋化学
藤田敏彦 国立科学博物館動物研究部 無脊椎動物分類学
鈴木 淳 産業技術総合研究所地質情報研究部門 地球化学
漆原良昌 兵庫県立大学放射光ナノテクセンター 高分子化学
 
 
岩崎 望  〒360-0194埼玉県熊谷市万吉1700 立正大学  地球環境科学部  環境システム学科  
E-mail:iwasakin@ris.ac.jp 電話・Fax:048-539-1638

2013年8月