研究の成果:書籍、論文など

 
HOME
はじめに:宝石珊瑚とは
宝石サンゴの生物学
宝石サンゴの利用の歴史
宝石サンゴの種類と漁業
日本における分布
宝石サンゴの化学:骨軸の微量成分と生息場所
バイオミネラリゼーション
宝石サンゴの成長速度:鉛-210による推定
宝石サンゴ骨軸の構造
骨軸の化学分析から生息水温を推定する
宝石サンゴの系統分類
アカサンゴの成熟時期
宝石サンゴを増やす試み
珊瑚網の影響
宝石サンゴを持続的に利用するために
研究の成果:書籍、論文など
研究組織
英語ボタン
1.書籍
本「珊瑚」
「珊瑚 宝石珊瑚をめぐる文化と歴史」
岩崎朱実・岩崎望 編著, 東海大学出版会,
2011年, 定価2100円(税込)
サンゴ展ポスター
海洋と生物
本「珊瑚の文化誌」
A Biohistory of Precious: Corals
「珊瑚の文化誌 宝石サンゴをめぐる科学・文化・歴史」
岩崎望 編著, 東海大学出版会,
2008年 定価3990円(税込)
「A Biohistory of Precious: Corals Scientific Cultural
and Historical Perspectives」
Iwasaki, N., ed.,
2010, Tokai University Press, 定価12600円(税込)

2.論文
Uda, K., Komeda, Y., Fujita, T., Iwasaki, N., Bavestrello, G., Giovine, M., Cattaneo-Vietti, R. and Suzuki, T., 2013. Complete mitochondrial genomes of the Japanese pink coral (Corallium elatius) and the Mediterranean red coral (Corallium rubrum): A reevaluation of the phylogeny of the family Coralliidae based on molecular data. Comparative Biochemistry and Physiology Part D, 8, 209-219.
Luan. N. T., Rahman. M. A.,  Maki. T., Iwasaki. N. and  Hasegawa. H., 2013. Growth characteristics and growth rate estimation of Japanese precious corals. Journal of Experimental Marine Biology and Ecology, 441, 117-125.
Chang. S.-K., Yang. Y.-C., Iwasaki. N., 2013. Whether to employ trade controls or fisheries management to conserve precious corals (Coralliidae) in the Northern Pacific Ocean. Marine Policy, 39, 144-153.
Nonaka. M., Mizuk. K. and Iwasaki. N.,2012. Descriptions of two new species and designation of three neotypes of Japanese Coralliidae from recently discovered specimens that were collected by Kishinouye. and the introduction of a statistical approach to sclerite abundance and size. Zootaxa, 3428. 1-67.
Iwasaki. N., Fujita. T., Bavestrello. G. and Cattaneo-Vietti. R., 2012. Morphometry and population structure of non-harvested and harvested populations of the Japanese red coral (Paracorallium japonicum) off Amami Island. southern Japan. Marine and Freshwater Research, 51 (3). 372-382.
Hasegawa. H., Rahman. M. A., Luan. N.T., Maki. T. and Iwasaki. N., 2012.  Trace elements in Corallium spp. as indicators for origin and habitat. Journal of Experimental Marine Biology and Ecology,414-415. 1–5.
Yoshimura.T., Tanimizu. M., Inoue. M., Suzuki. A.. Iwasaki. N. and Kawahata. H., 2011. Mg isotope fractionation in biogenic carbonates of deep-sea coral. benthic foraminifera. and hermatypic coral. Analytical and Bioanalytical Chemistry, 401 (9). 2755-2769.
Uda. K., Komeda. Y., Koyama. H., Koga. K., Fujita. T., Iwasaki. N. and Suzuki. T., 2011. Complete mitochondrial genomes of two Japanese precious corals. Paracorallium japonicum and Corallium konojoi (Cnidaria. Octocorallia. Coralliidae): Notable differences in gene arrangement. Gene, 476. 27-37.
長谷川浩, 2013. 微量成分分析から宝石サンゴの謎を解明する.化学と教育,6月号.
岩崎望, 2013. 珊瑚 深海の生物がつくる宝石. 環境と健康,25 (4). 447-454.
岩崎望,  2011. 珊瑚の歴史と種類.宝石の四季,213.14-18.
長谷川浩・岩崎望・鈴木淳・牧輝弥・早川慎二郎, 2010. 蛍光X線分析法による宝石サンゴの炭酸塩骨格中における微量成分の分布と測定.分析化学, 59.521-530.
岩崎望, 2010. 宝石サンゴとワシントン条約. 海洋と生物, 32 (1). 25-32.
長谷川浩・岩崎望, 2010. 宝石サンゴ資源の指標としての微量元素の利用. 海洋と生物, 32 (1). 50-55.
長谷川浩・岩崎望,  2009.宝石サンゴの炭酸塩骨格中における色の由来について. 月刊地球,  31(11), 625-632.
岩崎望, 2010.宝石サンゴ(1).ジェモロジー,  489. 36-39.
岩崎望2009. 宝石サンゴ-その生物学と利用(1).うみうし通信, 63. 2-3.
岩崎望, 2009. 宝石サンゴ-その生物学と利用(2).うみうし通信, 64. 10-11.
岩崎望, 2009. 宝石サンゴ-その生物学と利用(3).うみうし通信, 65. 8-9.
長谷川浩, 2009.宝石サンゴの国際取引と資源管理について. Ship & Ocean Newsletter, 224.4-5.
岩崎望,  2008. 宝石サンゴ骨軸の形成と成長. 月刊地球, 号外59, 40-44.
岩崎望, 2005.海の宝石.珊瑚—研究対象としての魅力. Ship & Ocean Newsletter. 122, 2-3.
 
3.『海洋と生物』(生物研究社)の特集 
 
「ワシントン条約と水産資源」 189号(2010年8月号)
 
「宝石サンゴとワシントン条約」186号(2010年2月号)
 
4.展覧会『宝石サンゴ展 深海からのおくりもの』
 

 国立科学博物館 2011年4月1日〜5月29日